ビットコインは4000ドル付近まで反発する可能性 —— ゴールドマンのチャート分析

「ビットコインでの支払い可」の表示

店頭に掲示された「ビットコインでの支払い可」の表示。カナダ、トロントにて

Thomson Reuters

2017年前半のビットコイン相場は激しく動いた。1ビットコインおよそ1000ドル(約11万円3000円)から反発し、3000ドル近い記録的な高値を付けた後、6月を2500ドル付近で終えた。半期の上昇率は約168%だ。

この歴史的な値動きによって、テック業界と金融業界両方から、ビットコインは「バブル」だとの声も聞かれた。

先週、チャールズ・シュワブのチーフグローバル投資ストラテジスト、ジェフリー・クライントップ(Jeffrey Kleintop)氏は、ビットコインはこれまで我々が経験したことのない種類のバブルであると述べた。

クライントップ氏が警鐘を鳴らす数週間前には、テック界の大富豪マーク・キューバン(Mark Cuban)氏も次のようにツイートしていた。「ビットコインはバブルだ。いつ、どれくらい下がるかは分からない。皆がどれだけ簡単に金儲けできるかを自慢している。つまり、バブルだ」

そして、ゴールドマン・サックスは、調整局面の後、再び反発して記録的な高値を付ける可能性があると考えている。

7月1日(現地時間)に同社が顧客に送ったメモの中で、テクニカル分析の責任者シバ・ジャファリ(Sheba Jafari)氏は、ビットコイン相場の下げ幅は予想を外れたものの、最終的には高値に向かうとした。

ジァファリ氏によると、ビットコインは「まだ(いわゆるエリオット波動論における上昇5波のうち)第4波の調整局面にあり、1857ドルを大きく下回ることはない」。つまり現在の水準から約25%下落する可能性がある。

だが、ビットコイン保有者はあまり心配しなくていい。ジァファリ氏によると、ビットコイン相場を記録的な高値に押し上げる第5波が予想されるからだ。

「現在の水準から、第5波の目標価格は(第1波と同じ長さである場合)最低でも3212ドル。(第1波の1.618倍の長さである場合)3915ドルまで上昇する可能性もある。到達には時間がかかるかもしれない」とジャファリ氏は記した。

ビットコイン相場のテクニカル分析

Goldman Sachs

最新のビットコイン相場はこちら(英語)

画像: Goldman Sachs

[原文:GOLDMAN SACHS: Bitcoin could see a big drop then surge to almost $4,000

(翻訳:原口 昇平)

関連記事

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Recommended

Sponsored

From the Web