ウィンブルドン出場選手、半数以上を占める9カ国とは?

2017年のウィンブルドンが始まった。近年、ランキング上位のアメリカ人選手は減ってきているが、特に男子選手では、ウィンブルドンに出場できる選手を輩出する国は少ない。

男子、女子、ダブルスを含め、500人以上の選手が出場しているが、54人がアメリカ人選手だ。次に多いのがイギリス人選手で32人、3番目はロシア人選手で30人。

半数以上の選手が、下記の9カ国の選手だ。

half-of-all-the-players-at-wimbledon-come-from-9-countries

Diana Yukari/Business Insider

[原文:Half of all the players at Wimbledon come from 9 countries

(翻訳:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい