日本進出近い? 時価総額2兆円のコワーキング「WeWork」、創業者の想いとは

WeWorkのコワーキングスペースの様子

WeWorkは2010年に創業。世界中156カ所にコワーキングスペースを持ち、12万人以上の会員を擁する。

WeWork

コワーキングスペースのスタートアップ WeWork(ウィーワーク)が、新たに7億6000万ドル(約860億円)の資金を調達した。Forbesが伝えた

WeWorkの時価総額は200億ドル。Twitterの129億6000万ドル、ファイル共有サービスBoxの24億4000万ドル、食材宅配サービスBlue Apronの15億4000万ドルの合計を上回る。

WeWorkは出資元を明らかにしていないが、同社が6月30日に提出した公的書類によると1320万ドル分の株式を発行したとForbesは述べた。我々はWeWorkにコメントを求めたが、返答はまだない。

WeWorkは2010年に創業。世界中156カ所にコワーキングスペースを持ち、12万人以上の会員を擁する。会員の起業家、フリーランサー、リモートワーカーは、無料のコーヒー、会議室、プライバシーブース、ネットワークイベントなど、さまざまな特典を受けられる。

WeWorkは昨年、サービスを拡げてきた。WeLiveは、テックワーカー向け住居のアイデアを発展させて、便利なサービスをすべて揃えた生活空間を実現している。新しい法人向けのサービスにより、4つの主要都市でマイクロソフトの社員がWeWorkのコワーキングスペースで仕事をするようになった

WeLive居住スペース内部の様子。きっぱりとしたカラーリングの内壁。フローリングの床に、座り心地の良さそうなソファが並ぶ

WeLiveはニューヨークやバージニア州アーリントンで、家具付きの部屋をさまざまなプランで提供している。

WeWork

5月、WeWorkはフィットネス事業にも参入。ニューヨークのコワーキングスペースに、「WeWork Wellness」を開設する予定だ。

同社CCO(チーフクリエイティブオフィサー)のミゲル・マッケルビー(Miguel McKelvey)氏は、今年前半、Business Insiderの取材に対し、シェア体験をつなげていくことが同社にとって「常に方程式の一部」だと語った。

同氏と共同創業者のアダム・ニューマン(Adam Neumann)氏は、コミュニティ生活というコンセプトを実現するレンタルオフィス、住居、ジム、さらには理髪店などのエコシステムを思い描いている。

「『もっと皆と協力して暮らしたい、よりライトに生きたい。つまり、物質的な成功を追い求めるのではなく、モノを持たず、自分たちの好きなことを追い求め、生きる意味を探している人をどうすればサポートできるのか』を、我々はいつも考えている」

マッケルビー氏はこう語った。

source: WeWork

[原文:WeWork, the company that simulates startup life, is worth more than Twitter, Box, and Blue Apron combined

(翻訳:原口 昇平)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい