英メディアが米露首脳会談計画を報道——ロシアと米国は否定

プーチン大統領とドナルド・トランプ大統領

Reuters/Alexander Zemlianichenko, AP Photo/Evan Vucci, Business Insider/Skye Gould

ロンドンのロシア大使館は、プーチン大統領がアイスランドでトランプ次期米大統領と会談するという報道を否定した。

サンデータイムス(The Sunday Times)によれば、トランプ陣営は英国当局に、就任後、数週間以内にプーチン大統領との会談を計画していると伝えた。

しかし、ロンドンのロシア大使館は、この報道をほぼ無視している。

大使館の広報担当は日曜日(1月15日)、この報道は「完全なデマ」と述べた。

ロイターによれば、トランプ陣営の側近2名もこの報道を否定している。「あの話はファンタジーだ」とトランプ氏の側近の1人は、名前を出さない条件でロイターに語った。もう1人も、あの報道は間違いと述べた。

トランプ氏は最近、プーチン大統領に会うことには興味があるとし発言した。

「ロシア側も会いたがっていると理解しているし、自分としてはまったく問題ない」

トランプ氏は金曜日、ウォールストリートジャーナルに「少なくとも一定期間」、オバマ大統領がハッキングに対してロシアに与えた制裁を続けると語った。

@thesundaytimes #偽ニュースが新しい主流?

しかし、トランプ氏は同紙に、もし、ロシアがISとの戦いにおいて協力的であるなら、制裁を考え直すこともやぶさかではないと語った。

トランプ氏の閣僚候補のうちの2人は、上院の指名承認公聴会でロシアに対して、より激しい口調で警告している。

CIAは大統領選への介入を意図したハッキングをロシアによるものと断定した。トランプ氏はCIAの結論を受け入れると述べた。

ロンドンのロシア大使館のアカウントが、トランプ次期米大統領とプーチン大統領の会談についてツイート。「こんなのはゴミだ。次期米大統領を傷つけようとする行為だ」


[原文:Russia and the US deny that Putin is meeting Trump

(翻訳:日山)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Sponsored

From the Web

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい