自分の身体をハックする“ボディハッカー”、サンフランシスコで増加中

5877cdc1f10a9a24008b818c

自身のCGMを見せるNootroboxのクリシー・エンズリー(Chrissy Ensley)。

Melia Robinson/Business Insider

ポール(Paul Benigeri)は「Nootrobox」のエンジニア。「Nootrobox」は、認知能力向上(cognitive enhancement)のためのサプリメント(いわゆるスマートドラッグ)を開発するスタートアップだ。ポールは同僚たちを前に、不安そうに上腕三頭筋をピクピクさせた。同僚たちは、これから起こることを撮影しようとスマホを構える。彼が腕をさすっていると彼のボス、ジェフ・ウー(Geoff Woo)が近づいてきた。小さなインプラント(埋め込み型の医療器具)を手にしている

「ここだな」とウー。

「うわ、マジかよ」。ポールが “針” を見て叫ぶ。

「大丈夫だって」とウー。「せーの、いーーーーち……」

吸入器ほどの大きさの器具が、ポールの腕に針で固定された。ウーが手を離すと、インプラントに被さっている白いプレートが現れた。それを見てポールが笑う。

5877cdbbf10a9acc1c8b7eeb

デバイスが腕に埋め込まれた。安堵のため息をつくポール。

Melia Robinson/Business Insider

「これできみもタグの付いたゾウだな」とウー。

「まるで“改造人間”だ」とNootroboxの共同創業者マイケル・ブラント(Michael Brandt)は言う。

サンフランシスコでは「持続血糖測定器」、いわゆる「CGM」(Continuous Glucose Monitoring)と呼ばれる医療器具を使用する起業家やバイオハッカーが増えている。自分の身体の働きを深く知るためだ。ある特殊なデバイスを1回につき数週間、身体に埋め込む。

CGMは登場してまだ10年足らずだが、ここ数年で人気が急上昇した。一般的には、医師によって糖尿病患者に処方される。血糖値、すなわち血液中の糖分量を測定し、リアルタイムでスマホやタブレットに結果を送信する。指先を針で刺して血液を調べる方法とは違い、CGMは知らない間に、痛みもなく、しかし頻繁にデータを収集できる。

身体の働きをいろいろ調べたいエンジニアにとってはCGMは、断食、エクササイズ、ストレス、睡眠など、自宅での実験結果を数量化できるツールだ

5877cdbef10a9a23008b80e3

自分で取り付けることができる。

Melia Robinson/Business Insider

「僕が一番知りたいのは、自分のやることが、血糖値にどう影響しているかなんだ」とポールは言う。CGMは彼が「ヒューマン・エンハンスメント(身体強化)」を目指して行う取り組みの1つだ。

Nootroboxは、ダイレクト販売用のヌートロピック製品、いわゆる「スマートドラッグ」を開発している。主に認知能力を向上させる同社によれば、コーヒーを飲んで目を覚ます代わりに、その錠剤を飲めば、頭がスッキリして、身体中にエネルギーがみなぎり、高揚感が得られるという。

Nootroboxのサンフランシスコ・オフィスは、いわば “簡易的な実験施設” でもある。従業員は自分の身体でバイオハッキングの実験を行う。1年ほど前から、同社の従業員13人のほとんどが火曜日に断食を始めた。

従業員たちは、断続的断食法(intermittent fasting)と言われる人気上昇中の食事法に賛同しており、数時間から数日間の断食を行う。ウーとブラントは、ダイエット、集中力増加、病気の予防、長生きなど、その効果について(うんざりするほど)Business Insiderに語った。

「実際にやってみるまでは、不可能だと思っていたよ」とウーは2016年、Business Insiderのインタビューに答えている。

5877cdbdf10a9ac1348b7c28

Tシャツの袖の下にあれば目立たない。

Melia Robinson/Business Insider

「料理に砂糖を入れるな」という情報をネットで読んだ後に砂糖がたっぷり入った料理を食べて、(血糖値が上がり)気分が悪くなるのと、ダブルワッパー(バーガーキング)やフライドポテト、コーラをガツガツ食べて(飲んで)、CGMで血糖値が急上昇するのをリアルタイムで見ることとは、(どちらも血糖値が上がるとはいえ)まったく異なる体験だとウーは言う。

それはまさに先日、ボストンへの旅行中に起きた。ウーの血糖値が平常の3倍に跳ね上がったのだ。彼は興奮しながらブラントに連絡した。バーガーキングを食べて血糖値が上がるのは当たり前のように思えるが、CGMによってリアルタイムでフィードバックが得られたことでウーは大喜びした。

「世の中には『●●●をすれば長生きできる』というものがたくさんある。でも、エンジニアなら、常に仮説を検証し、測定することが大事なんだ」

Fitbitを身に付けることが、フィットネスを継続するモチベーションになるのと同じく、CGMを身に付けることは良い食事のパターンを促すことになるとウーは信じている。

ダイエットにまつわる世間の常識を数量化することは、自分にとって最高に価値のあることなんだ。『よし、これは偉そうな医者が自分に何か忠告しているわけじゃない』と思えるからね」

5877cdb8f10a9a283f8b576d

CGM装着後、定期的に血糖値をチェックするクリシー。

Melia Robinson/Business Insider

デバイスはわりと小さく目立たない。ブラントはCGMを付ける時の痛みを、“クリスマスツリーの飾りの葉っぱが腕に刺さった時の痛み” と同じぐらいだと言う。それよりも恐怖心を克服することの方が大変だ。

糖尿病患者でなければ、CGMを手に入れるのは難しい。通常は医者に処方してもらう必要があるからだ。結果も医者と一緒にチェックしなければならない。FDA(米食品医薬品局)は、糖尿病患者用にもほんの少数のCGMしか認可していない。

わたしが取材したほとんどの起業家は、eBayでヨーロッパの業者から購入したか、医療機関で働く友人からこっそりと入手したかだ。

Diggの共同創業者で起業家のケビン・ローズ(Kevin Rose)は、CGMを処方してもらい、少しの間、身に付けていた。だが、Nootroboxのウーやブラントと同じように、もっとデータを集めたいと考え、もう1つ入手した。

*ローズは1日16時間断食する。つい先日、Zeroというアプリを公開し、多くの人に断食を勧めた。

次のRandom Showで会えるのを楽しみにしてる —— @tferriss と僕は、血糖値/ケトン体値をリアルタイムにチェックすることにめちゃくちゃハマってる。

「わたしはやや『ボディハッカー』な面があります。いろいろなものを試して、それが健康にどう影響するかを調べるのが好きなんです。CGMを付けて過ごしている1カ月は何でも試してみます」とローズは語った。血糖値が急上昇するのを見るためだけに、ジュースを飲むこともある。

モバイル決済スタートアップ企業「Stripe」のCEO兼共同創業者パトリック・コリソン(Patrick Collison)は、昨年CGMヨーロッパで購入したとツイートした。コリソンは糖尿病ではないが、食べ物によってインシュリン反応が異なることを知り、血糖値の測定に興味を持った。インシュリンは血糖値に応じて分泌される。

このCGMというバカげたやつが最高って思えるのは、実物を見るまでだ。

Nootroboxでは、テレビゲームでハイスコアを取ったかのように血糖値を読み上げる。ウーの数値がポール目標だ。

ウーはわたしの方を向き「これは競争じゃないよ」と言う。

「でも、競争してますよね」とウーの後ろのデスクに座った従業員が言った。

5877cdbff10a9a13018b8155

Nootroboxのオフィスにならぶ未開封のCGM。

Melia Robinson/Business Insider

CGMを製造するバイオテクノロジー企業Abbottの広報部長ビッキー・アサルド(Vicky Assardo)は、「こうした使用方法についてはコメントできない」と述べた。現在、FDAが調査中だからだ。

CGMのアーリー・アダプター(マーケティングで「初期採用者」と呼ばれる人たち。市場の13.5%を占め、流行を先取りする層と位置づけられる)は、血糖値のデータを測り、今から健康的な生活を行えば、肥満、糖尿病、その他の重い病気にかかることを未然に防げると考えている。

ポールは週に2回、36時間の断食をする。この新しい “習慣” を始める時に家族からは“まるで嵐のようにたくさんの質問”をされた。CGMを付ける前、母親にはNootroboxの医者ではなく、「外部の医者」の診察を受けさせられた、と彼は恥ずかしそうに告白した。

「これらの取り組みは、わたしたちが実現を目指しているビジョンのためです。“人間” が次のプラットフォームなのです。わたしたちはかなり健康的な人間ですが、もっと健康になりたいのです

(敬称略)

[原文:San Francisco biohackers are wearing implants made for diabetes in the pursuit of 'human enhancement'

(翻訳:Wizr)

関連記事

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Recommended

Sponsored

From the Web

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい