国産ジェット機「MRJ」の納入は最大で2020年半ばに延期

2017-01-20T073333Z_1_LYNXMPED0J0E5_RTROPTP_3_AEROSPACE-JAPAN

Kim Kyung Hoon/Reuters

三菱重工業の子会社が開発を進めている国産ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」について、2018年半ばを予定していた航空会社への初号機の納入時期が最大で2020年半ばに延期される見通しとなった。納期の延期は5回目。同社の宮永俊一社長が23日に会見して正式に発表する。

MRJは三菱重子会社の三菱航空機(愛知県豊山町)が開発を手掛けており、初号機はANAホールディングスへ引き渡されることになっている。複数の関係筋によると、主要部品に不具合が起きる恐れがあり、設計変更が必要になったため納入が遅れるという。

MRJは現在、当局による機体の安全性能の証明で商用運航に必要な「型式証明」の取得に向けて米国で飛行試験を実施しているが、設計変更により、型式証明の取得も予定から遅れる見通し。

MRJの事業化を決定した2008年当時は2013年にANAへ引き渡す予定だったが、納期の延期は今回で5度目となる。昨年11月には三菱重の宮永社長を委員長とする「MRJ事業推進委員会」を設置し、グループ一丸となって開発を急いでいる。

関連記事

Business news