鴻海、米国にシャープと液晶新工場の建設検討、70億ドル規模

2017-01-22T220110Z_1_LYNXMPED0L0QZ_RTROPTP_3_FOXCONN-CANCER

台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘董事長は22日、米国での液晶パネル工場建設を検討していると明らかにした。投資額は70億ドルを超える規模になるという。

郭氏は、買収したシャープと共に工場建設を行う予定だとし、投資状況などさまざまな要因によって計画が決まると語った。

郭氏によると、米工場建設は長年検討してきたという。ただ、同社の提携先であるソフトバンクグループの孫正義氏が昨年1月、米大統領選に勝利したトランプ氏と会談し、米国への500億ドル規模の投資を行うと表明。この際、ホンハイによる70億ドルの投資に関する情報を明らかにしてしまったという。

この会談前に孫氏と協議した郭氏は、これについて「プライベートな話だと思っていたが、翌朝には公表されていた。工場計画はあるが、約束ではない。希望だ」と述べた。

ホンハイはペンシルバニア州に既に現地法人を置いている。郭氏は米国では土地、電力、インフラなどの投資条件を重視していると述べた。

関連記事

Recommended

Sponsored

From the Web