ChromebookでAndroidアプリが動くように —— 低価格WindowsPCの強力なライバルとなるか?

サンダー・ピチャイ氏

GoogleのCEOサンダー・ピチャイ氏

Reuters/Beck Diefenbach

AndroidをChrome OSと連携させるGoogleの計画が順調に進んでいる。

Googleは「2017年以後に発売されるすべてのChromebook」が「まもなく」Androidアプリをサポートするようになる、と月曜日に発表した

新しいChromebookに加えて、人気の3モデル ― Asus Chromebook Flip、Acer Chromebook R11、Google自社のChromebook Pixel(2015) ― も、正式にGoogle Play Storeの利用が可能になる。また過去数カ月、Google Play Storeが利用可能になるとされてきた数多くの旧型Chromebookも同様だ。

この取り組みは、昨年5月に発表されたので、少し遅れた模様。前回の発表では、旧モデルのChromebookは2016年暮れまでにGoogle Playが使えるようになるとされていた。

588623e4ee14b6aa5c8b8daf

1月上旬に開かれたCESで発表されたAndroid対応のサムスン「Chromebook Plus」

Business Insider/Jeff Dunn

しかし、ここに来て、ようやく前進し始めたようだ。月曜日の発表の前にGoogleは、サムスンと協力して、ベータ版のGoogle Play Storeをサポートする新しい2モデルの「Chromebook」をCESで公開した

GoogleのKan Liu氏はこのとき、「より大きなスクリーンで、生産性を重視したAndroidベースのデバイス」が2月のMobile Congress showで公開されるとBusiness Insiderに語った。つまり、同様のノートパソコンがさらに発表されるということだ。

新しいChromebookすべてがGoogle Play Storeをサポートするのか、あるいはベータ版のGoogle Play Storeに限定されるのかは月曜日の発表からはわからない。Googleにコメントを求めたが、返答はなかった。

AndroidアプリをChromebookで使えるよう実装し始めた当初は、技術的な問題とインターフェイスの問題があったが、この機能はChrome OSの欠点を補完し得るものだ。

Chrome OSに対応したGoogle Play Store

Chrome OSに対応したGoogle Play Store

Business Insider/Jeff Dunn

Chromebookは、軽快な動作と低コストがメリットである一方で、インターネットにつながっていなければその機能の大半が使えない。しかし、Androidアプリにはオフラインでも使えるものが数多くあり、次期バージョンのAndroid 7.0「Nougatgoogle」では、そうしたアプリが大きなスクリーンでも使いやすいように多くの機能が追加されている。いろいろなゲームもChrome OSでプレイできるようになる。

ツギハギの解決策ではあるが、低価格帯のWindowsノートパソコンの強力な競合になり得る。

現在、教育現場では人気のChromebookだが、一般消費者向けには普及しているとは言えない。Androidアプリとの連携、そしてサムソンの新モデルのようなデバイスを強くアピールすることはGoogleの役割だ。

現状、そこまでの驚きはないが、Googleの新たな挑戦が本格的に始まった。

[原文:Google says every new Chromebook will work with Android apps from here on out (GOOG)

(翻訳:Satoru Sasozaki)

関連記事

Recommended

Sponsored

From the Web