大都市まで移動して稼ぎ、夜は車内で寝るUber運転手たち

トラビス・カラニック氏

UberのCEOトラビス・カラニック氏

REUTERS/Shu Zhang

Uber(ウーバー)の運転手で、自宅から数時間離れた都市で働き、宿泊費を節約するために車内泊している人たちがいると、ブルームバーグは報じた。

ある運転手は、毎週月曜日の午前4時、カリフォルニア州サクラメントから90マイル(約140キロ)離れたサンフランシスコまで移動、夜はスーパーマーケットの駐車場に車を止め、そこで寝る。

元Uberの運転手はBusiness Insiderの取材に、「色々と工夫をしないと。サンフランシスコまで6時間かけて移動するのは、その方が稼げるから。サンフランシスコは利用客も多いし、最低料金も高めだ」と語った。

「昼間はビーチで寝て(夜間の方が稼ぎが良いため)、ジムでシャワーを浴びる。24時間営業のスタバもあるし、朝4時に後部座席で毛布にくるまって寝ているUber運転手を見かけることも多い」

Uberの調査によると、サンフランシスコの運転手の時間給は、ニューヨークに次いで全米2位だ。

588634f85d0bc41d008b60fc

Uber

Uberは、ブルームバーグに対してメールでコメントを寄せた。「Uberでは運転手は、いつ、どこで、どれくらい仕事をするかを自分で決めている。我々は運転手にやりがいを感じてもらえるよう努めているが、働き方は彼らの裁量に任せている」

[原文:Some Uber drivers have been sleeping in their cars because they can't afford to live in the cities they work in

(翻訳:水上雅裕)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Sponsored

From the Web

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい