トランプ大統領、訴訟を受けて自分の会社を辞める

トランプ大統領

トランプ大統領

Pool

トランプ大統領は、今月初めに宣言したように、自分のビジネスの数々から身を引いた ―― ホワイトハウスの戦略広報担当補佐官ホープ・ヒックス氏の月曜日の発言を、CNNの担当記者ジム・アコスタ氏が伝えた。

今月初め、利益相反問題を解決するため、トランプ大統領は自身のビジネスにおける今の地位を降りると語った。今後は、上層部役員に加えて、2人の息子、エリック・トランプ氏とドナルド・トランプ・ジュニア氏が、トランプ大統領の会社「トランプ・オーガニゼーション」を率いていくとした。

今回の発表は、Citizens for Responsibility and Ethics in Washington(CREW)が月曜日、トランプ大統領の利益相反に関して起こした大規模な訴訟を受けてのことだ。

しかし、多くの倫理問題専門家が、トランプ大統領の対策では十分ではないと発言している。すべてをまとめて手放すか、資産を白紙委任して、独立した管理者の手に渡さない限り、利益相反は解決できない、と彼らは言う。さらに、トランプ大統領は合衆国憲法の報酬条項に違反していると述べる。現在CREW が起こしているのがまさに、この報酬条項をもとにした訴訟だ。

[原文:White House says Trump has resigned from his businesses

(翻訳者:にこぱん)

関連記事

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Recommended

Sponsored

From the Web