サムスン電子第4四半期、営業利益が50%増 半導体部門が好調

2017-01-24T004045Z_1_LYNXMPED0N018_RTROPTP_3_SAMSUNG-ELEC-RESTRUCTURING

Reuters

韓国のサムスン電子が24日発表した第4・四半期決算は営業利益が前年同期比50%増の9兆2200億ウォン(79億3000万ドル)となった。好調な半導体部門がスマートフォン「ギャラクシーノート7」生産中止の影響を補った。

自社予想は9兆2000億ウォンだった。

売上高は横ばいの53兆3000億ウォン。予想は53兆ウォン。

サムスン電子は今年、9兆3000億ウォン相当の自社株買いを行う計画を明らかにした。

関連記事