マーク・ザッカーバーグからカニエ・ウェストまで、次の大統領選候補は?

カニエ・ウエスト

カニエ・ウエスト

Drew Angerer/GettyImages

2020年の大統領候補になりうる人物が民主党に見当たらないため、人々は藁にもすがる思いでいる。

Facebookの創業者マーク・ザッカーバーグ氏はどうだろう? いや、彼はすでに立候補しないと公言している。ではミシェル・オバマは? 彼女も立候補しないと明言済みだ。それでも2人ともオンラインの賭けサイト「Paddy Power」で賭けの対象にあがっている。ちなみにザッカーバーグ氏のオッズは125:1、ミシェル・オバマに至っては14:1。賭ける人数が多いほどオッズが下がることを考えれば、それだけミシェルに期待がかかっているということだ。

もしザッカーバーグが候補者になれば、1ドルの賭け金に対し、配当金は125ドルになる。

マサチューセッツ州選出の女性議員でリベラル層に人気のエリザベス・ウォーレン氏と、バージニア州選出の議員でヒラリー氏の副大統領候補だったティム・ケイン氏は民主党員の中ではもっとも高いオッズで、両者とも11:1。カニエ・ウェストもセレブの項目にリストアップされており、オッズは100:1だ。

一方、トランプ大統領のオッズは6:4。

パディ・パワーのオッズ一覧はこちら

Paddy Power

Paddy Power

明るい兆候が欲しい民主党は少し安心できるかもしれない。2020年の大統領選に関して、別の賭けサイト「Ladbrokes」では、候補者が誰であれ次回は民主党が勝つというオッズが8:11(オッズが小さい=民主党が勝つと賭けている人が多い)、一方、共和党は11:8だ。

[原題:Here are the odds on the 2020 presidential election (from Elizabeth Warren to Kanye West)

(翻訳:日山加奈子)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

「広告収入40%減」「出演者が呼べない」コロナ禍に苦しむ地方局のいま

コロナ禍で地方局はどんな課題に直面しているのか。宮城県内で活動するフリーアナウンサーから見た現状とは…。(写真は仙台駅)

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み