「自分のApple Watchに話しかけてほしい」 —— パーソナルアシスタント「Siri」の今後

apple-ceo-tim-cook-holding-an-apple-watch-5

Apple CEO、ティム・クック氏

Reuters

「自分のApple Watchに話しかけてほしい」—— Appleは切実にそう願っている。

Siriはパーソナルアシスタント市場でAmazonやGoogleのサービスと激しいシェア争いを繰り広げている。Google は「Google Assistant」、Amazonは(最近ハードウェアメーカー各社で採用が続いている)「Alexa」を開発、展開している。

GoogleとAmazonは両社とも、パーソナルアシスタントをスピーカーへ組み込み、製品化した —— 「Google Home」と「Amazon Echo」 。 対するAppleもこれらの製品に対抗できるプロダクトを開発している、との噂がある。

Appleには、すでに全世界で何百万人ものユーザーがApple Watchを腕につけているというアドバンテージがある。また、Amazon Echoよりも、多くのApple Watchが市場に出回っているとの調査結果もある。

Siriを組み込んだApple Watch アプリの開発に興味があるのなら、Appleの開発者用ウエブサイトを参照してほしい。

[原文:Apple just revealed a big way Siri is going to take on Amazon Alexa

(翻訳:Conyac

関連記事

Business news