最初が肝心! 新しい職場・環境でやるといい14のこと

多くの人が仕事始めとなる1月。さあ仕事に取り掛かる時です。キャリア・アドバイス・エキスパートのアマンダ・オーグスティン(Amanda Augustine)氏によると「入社した時のような、新しい環境での3カ月は就職面接の続きだと思うべき」らしく、しばらくは気を引き締めたくなるアドバイスだ。

5880f607f10a9a260b8b6339

Now you have the job, it's time to ensure you keep it.

Diana Yukari/Business Insider


5880eda1ee14b6c7148b8bae

Diana Yukari/Business Insider

人よりも先に挨拶に行く。エレベーターやキッチン、トイレでも必ず挨拶をすれば後できっと覚えていてもらえるはず! オーグスティン氏は「相手から挨拶に来てもらうのではなく、自分の一番近くに座っている人、これからも直接関わっていく人たちから始めるといいでしょう」という。彼らにとっても、関係するあなたの存在なら自分から挨拶に行ったほうがお互いのためかもしれない。

5880edadee14b62b008b8de2

Diana Yukari/Business Insider

なるべく1週間で環境になじもう。会社に大きな変化を起こしたくても、どんな職場なのかを知らなければ何も始まらない。 始めのうちに分からないことはすべて聞いてしまおう。時間を取って物事がどう進んでいるのか、なぜそうなのかを理解しておくと後から改善策を提案したときに他の社員からのサポートも受けやすくなる。

5880edbaee14b621008b8e18

Diana Yukari/Business Insider

知ったかぶりは嫌われる。たとえ、あなたが経験豊富なベテランだとしても、すべてを知っているわけではない。上司や同僚にアドバイスをもらったときは素直に受け取ること。「わたしの以前の会社でこうではなかったんです」などと言い返されるのは誰もが嫌がる。もし、仕事の内容が分かっていたとしても、本当に助けが必要な時のために、アドバイスや注意を受け入れる態度を忘れずに。

5880edcdee14b651008b8e0e

Diana Yukari/Business Insider

会社にいる誰がベテランなのか、まずは見極めよう。そして周りの人から学ぶようにしよう。「会社内ではそこでしか通じない言葉やジョークがあったりするものです。ベテランの味方がいれば社内の風習も学べるし、上司には聞けないような質問もその人に聞けば解決することができる」とオーグスティン氏は言う。

5880edf9ee14b6a47b8b5e0c

Diana Yukari/Business Insider

上司のカレンダーに自分の名前が載ることも大事。そのための最初の会議で、1週間、1カ月、3カ月と目標を立てるとよい。そして自分自身が上司の立場にある場合は、部下とのコミュニケーションスタイルを見直すことも大事。最初の1週間は、部下のために調整してあげた方がよい。

5880ee0bee14b61c008b8d7e

Diana Yukari/Business Insider

チームメンバーからのわずかな合図を見逃さないこと。実はあなたに対して、密かに闘争心を燃やしている同僚がいるかもしれない。仲間の才能を生かせる他のポジションを探してあげてもいい。

5880ee1bee14b6b2008b8d24

Diana Yukari/Business Insider

コーヒーメーカーは仕事場の人間関係を探るのにぴったりなツールだ。「コーヒーメーカーってどこにあるんですか?」「誰が洗ってるんですか?」「どこの棚が共有ですか?」このような質問からさりげなく探ってみるといい。

5880ee29ee14b68f7b8b5dd7

Diana Yukari/Business Insider

会社の近隣について調べよう。一番近いコンビニはどこか? サンドイッチを食べたり、コーヒーを飲んだりできるカフェは? ランチはどこでできるのだろう。「必要な時に、どこで手に入れることができるかを知っておくと良いでしょう」

5880ee39ee14b6aa5c8b8659

Diana Yukari/Business Insider

職場での友達作りを忘れずに! 職場の同僚と仲を深めるのに「もう今さら……」なんてことはない。毎日、違うグループの人たちに混ざって、視野を広げてみよう。 ランチタイムに同僚を誘うことにはもう1つのメリットがある。同僚たちから会社近辺のおすすめレストランを教えてもらえることだ。オフィスを抜け出す習慣はとても大事。デスクでランチを取るのはまだやめておいた方がいい。 何事もはじめにいい習慣を付けておくと続けやすい。

5880ee46ee14b6507e8b7db1

Diana Yukari/Business Insider

オーグスティン氏は「仕事はじめは悪い癖を直すいいスタート」という。例えば、もし、あなたがタイムマネジメントが苦手だとしたら、入社した1週目から毎日の細かい予定表を使い始めるとよいだろう。就職面接で自分の長所として上司に言ったことを実行するのも大切だ。

5880ee52ee14b651008b8e11

Diana Yukari/Business Insider

履歴書を書き始めよう。自分の成し遂げたことや貢献したこと、良いフィードバックをもらったことなどを記録するためだ。この習慣は早くはじめた方がいい。

5880ee5fee14b63e338b7456

Diana Yukari/Business Insider

出れるだけたくさんの会議に出席することと、発言を恐れないことをオーグスティン氏は勧める。その会社で何が大事にされているのか分かるし、同僚もあなたに慣れる。また、将来のキーパーソンが誰なのかも分かるだろう。

5880ee6bee14b62b008b8de5

Diana Yukari/Business Insider

仕事が始まったら、ソーシャルメディアで自分の状況をアップデートすること。会社の人たちとソーシャルメディアで友達になることをお忘れなく。TwiterやLinkedlnでも人間関係を固定するのが大事。Facebookはプライベートで使われる方が多いので、慎重に対応しよう。

5880ee78ee14b61c008b8d7f

Diana Yukari/Business Insider

新しい職場での1週間目は、以前の同僚にコンタクトを取るベストタイミング。新しい仕事を探していない今こそ、Linkedlnのおすすめを聞いたりする絶好のチャンスだ。

*Jenna Goudreauの協力を得て作成した。

[原文:14 things successful people do in the first week of a new job

(翻訳:堀口ゆりえ)


関連記事

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Recommended

Sponsored

From the Web

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい