元Googleライフサイエンス部門の「Verily」が920億円をシンガポールの投資会社から調達

スマートコンタクトレンズ

スマートコンタクトレンズ

Google

Googleの親会社Alphabet傘下でヘルステック事業を展開するVerilyは、シンガポールの投資会社Temasekから8億ドル(約920億円)を調達したと木曜日に発表した。

TemasekはVerilyの株をいくらか取得する予定だが、詳細は明らかにされていない。8億ドルの大部分は、数日内に支払われ、残りは2017年後半になる。

VerilyはGoogleのライフサイエンス部門が独立した会社だ。現在、Alphabet傘下の会社として運営されている。

Verilyは、血糖値を測ることができるスマートコンタクトレンズや、パーキンソン病などで手元がおぼつかなくなったユーザーのための自動安定機能付きの食器の開発など、健康に関する事業を展開している。

木曜日の午後、Alphabetは第4四半期決算を発表する予定だ。注目すべきは、主力であるGoogle以外の、Verily、Nest、Google Fiberなどの業績だ。AlphabetはGoogle以外の事業からの損失を抑えるために、昨年、コストカットに取り組んだ。2016年第3四半期、これらの事業の損失は8億4000万ドル(約970億円)にのぼった。

[原文:Alphabet's life sciences company Verily takes $800 million from Singapore investment company (GOOG)] (翻訳:Satoru Sasozaki)

関連記事

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Recommended

Sponsored

From the Web