ペソ1.2%下落——トランプ大統領との首脳会談中止の発表を受けて

メキシコのペニャニエト大統領

メキシコのペニャニエト大統領

Edgard Garrido/Reuters


メキシコのペニャニエト大統領が、トランプ大統領との会談中止を発表した後、ペソは急落した。

ペソは、1ドル=21.3175ペソと1.2%下落した(東海岸時間午前11時57分現在)。

ぺニャニエト大統領は、「来週の火曜に@POTUSと予定していた首脳会談には出席しないことを、今朝ホワイトハウスに連絡した」とツイート

これは、トランプ大統領が「メキシコが費用を負担するつもりがないなら、ペニャニエト大統領は自分に会いに来るべきではない」とツイートしたことが発端だ。


588a2e3d4757520b128b488e

Markets Insider

メキシコの野党は、壁の建設費用の負担を求めるトランプ大統領に抗議するためにペニャニエト大統領に会談を中止するよう求めていた。ペニャニエト大統領は演説の中で、「壁を建設するというアメリカの決定を残念に思い、またこの決定を拒否する」と述べた。

[原文:The peso is tumbling after Mexico's president says he won't meet with Trump

(翻訳:須藤和俊)


関連記事

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Recommended

Sponsored

From the Web

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい