新しい社会のあり方を模索 —— サンフランシスコでベーシックインカムの実験が始まる

san-francisco-is-launching-an-experiment-to-give-families-free-money

Vacclav / Shutterstock.com

サンフランシスコでベーシックインカムの実験が行われている。

Hoodlineによると、当局は1月23日に開催したフォーラムで、この実験は家族や子どもに焦点をあてた試験的なものであると述べた。

ベーシックインカムは、毎月一定の金額を支給して、基本的な生活費を補う制度。賛成派は、社会的なセーフティネットを強化することで貧困に陥る人が減り、最終的にはより健康で幸せな社会を築くことができると主張する。

途上国での先行事例をみると、ベーシックインカムによって人々はより多くの教育機会を得たり、自宅を修繕している。しかし、反対論者たちは、お金が薬物や飲酒に費やされるのではないかと疑問視している。

サンフランシスコの実験は、他の一般的なベーシックインカムの実験とは異なる、と市当局の担当者は述べた。同市の取り組みでは、支給対象を子どもがいる家族のみに絞っている。

担当者は「子どもに焦点をあてることで、反対論者が主張する多くの疑問点を回避することができる」と言う。この取り組みでは、ベーシックインカムを付与された家庭の子どもと、他の社会保障を受けている家庭の子どもを比較する。

対象は4つのグループに分類される。

  • 1歳児を持つ家庭
  • 3歳児を持つ家庭
  • 看護など他の社会保障を受けている家庭
  • 社会保障を受けていない家庭

現在、当局は500万ドル(約6億円)の予算を計上している。各家庭は毎月、1000ドル(約11万円)〜2000ドル(約22万円)の支給を受ける。

スタートしたら、この実験は、近隣のオークランドで行われている実験と合流する。こちらは、スタートアップインキュベーターのY Combinatorが運営している。Y Combinatorの実験では、さまざまな社会的・経済的背景を持つ100家庭が、毎月1000〜2000ドルを受け取っている。

担当者によると、サンフランシスコでのベーシックインカムの導入は、現行制度の根本的な見直しが必要となるため、満場一致の賛成を得られているわけではない。市の職員の中には、ベーシックインカムは「現行のセーフティネットを破壊するトロイの木馬だ」と言うものもいる。

賛成派の団体であるユニバーサル・インカム・プロジェクトの共同設立者の1人は、サンフランシスコでの実験は、ベーシックインカムの実現に向けた動きを後押しすると述べた。

「市や州レベルでのベーシックインカムについて研究している者にとっては、得るところが非常に大きい。より具体的な地域で実施されることで、人々は大きな前進があったことを認識する」

[原文:San Francisco is launching an experiment to give families free money

(翻訳:蓮)

関連記事