アップルの新本社、5700億円をかけて完成間近 —— 現在の様子をドローン写真で

588f64ca713ba138058b552f

YouTube/Duncan Sinfield

カリフォルニア州クパチーノにある、50億ドル(約5700億円)をかけたアップルの「宇宙船」本社はもうすぐ発進できるようだ。

「アップル キャンパス2」と名付けられたプロジェクトの建設は2013年にスタート、プランニングはその数年前からスタートしていた。

昨年の全社会議で同社CEO ティム・クック氏は、第1陣は2017年1月末には移動する予定と発表した。

しかし、クパチーノ市の検査官は昨秋、プロジェクトのスケジュールは遅延しているとの見解を示した。クパチーノ市によると、次の四半期までかかる見通しだ。

とはいえ、今年中には完了するだろう。ドローン写真家のマシュー・ロバーツ(Matthew Roberts)氏と、ダンカン・シンフィールド(Duncan Sinfield)氏が撮影した最新の様子を見てみよう。


上空から見た アップル キャンパス2。

588f603647575291018b4a8a

YouTube/Matthew Roberts


近くから見た外観。

588f64ca713ba138058b552f

YouTube/Duncan Sinfield


建物は完成間近 —— 最後の仕上げを待つばかり。

588f60374757521a008b5498

YouTube/Matthew Roberts


こっそり内部を。リーク写真。

58499fa4e02ba75f658b7135

Apple/MacG.co


しかし、外構にはまだ時間がかかる。あちらこちらに水たまりが。

588f603647575224008b5558

YouTube/Matthew Roberts


この位置から見ると、リング(建物)の内側の真ん中あたりにも。

588f6036475752ee018b5447

YouTube/Matthew Roberts


外にも泥が。

588f6036475752ed018b5465

YouTube/Matthew Roberts


幸い、第2四半期まで外構に取りかかれる時間がある。以下がプロジェクトの最近スケジュール。

588f619f475752d75b8b4d18

Cupertino


ホールはほぼ完成している。おそらくここで次期iPhoneや他の来たるべき製品が発表されるのだろう。

588f603847575239008b54f5

YouTube/Matthew Roberts


駐車場もほぼ完成。建設業者はここに駐車している。

588f60384757521b008b5498

YouTube/Matthew Roberts


クローズアップ。屋根にはソーラーパネルが設置されている。

588f60eb47575239008b54fe

YouTube/Duncan Sinfield


駐車場の屋根に並ぶ広大なソーラーパネル —— スマートで環境に優しい。

588f60ec475752ee018b5450

YouTube/Duncan Sinfield


研究・開発棟も完成し、駐車場の舗装が始まった。

588f6038475752a0328b5058

YouTube/Matthew Roberts


外構も一部は完了している。木を植えて、小径を作るようだ。

588f625b475752d75b8b4d1f

YouTube/Matthew Roberts


だがアップルは木の植え方も、他とはdifferentだ。


建築家による完成予想図。

53cd5df969beddd940e89a0a

City of Cupertino


ドローンからの映像は以下。


[原文:Apple was supposed to move into its new $5 billion campus this month — here's what it looks

(翻訳:Wizr)

関連記事