トランプ大統領、司法長官代行を解任 —— 移民を制限する大統領令に背くことは「裏切り」

acting-attorney-general-defies-trump-tells-justice-department-not-to-defend-refugee-ban

2015年3月24日、ワシントンDCで証言するサリー・クイリアン・イエイツ氏

Associated Press/Pablo Martinez

移民や難民の入国を制限する大統領令に背いた司法長官代行のサリー・イエイツ氏を解任した —— 。ホワイトハウスの報道官ショーン・スパイサー氏が明らかにした。

「司法長官代行のサリー・イエイツは、アメリカ国民を守るための法の執行を拒否し、司法省を裏切った」と発表文にはある。

トランプ大統領は、次期司法長官に指名したジェフ・セッションズ氏が承認されるまで、バージニア州東地区の弁護士デイナ・ボエンテ氏をイエイツ氏の後任として指名した。

[原文:Trump fires acting attorney general after she defies him on immigration ban

(翻訳:編集部)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい