Google、Facebook、Apple、ゴールドマン・サックス —— 超一流企業のインターンシップを勝ち取った大学生の履歴書

588f9d0b475752d75b8b4f00

「履歴書を正しく書くことは重要」とポインティングさん。

Jessica Pointing

採用担当者は、あなたの履歴書のどこをチェックしているのだろうか?

Business Insderが以前紹介したように、採用担当者はたった6秒で最初の判断を下す。

ならば、絶対にそこで落とされるわけにはいかない。

ジェシカ・ポインティングさんはハーバード大学の3年生。Google、Apple、Facebook、Microsoft、マッキンゼー、ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレーなど、超一流企業からインターンシップのオファーを勝ち取っている。そんな彼女に、履歴書をレベルアップさせるポイントを教えてもらった。

  • 具体的に:過去に働いた会社や組織にどんな影響を与えたのかを書くこと。ほとんどの人は仕事内容の説明しかいない。そうではなく、あなたがその仕事にどのように貢献したのかを具体的にアピールすることだ。
  • 数字で表す:成果を数字で表すことは大事。例えば、会社に1万ドル(約110万円)分の貢献をしたなら、「わたしは極めて優秀なスタッフでした」と書くのではなく、数字で表すべき。明確で、具体的で、定量化できるものは、就職活動を成功に導く上でとても重要な要素になる。
  • アクションを具体的に表現する「コンバージョン率を向上させるプログラムを作った」と書くのではなく、「コンバーション率を20%アップさせた新しいプログラムを導入した」と書こう。

彼女は自分のウェブサイト「the Optimize Guide」で、彼女自身の履歴書を公開している。以下は、IT、金融、コンサルタントなど、数ある大企業を惹きつけた彼女の履歴書だ。

588fb377475752572a8b5399

Jessica Pointing

[原文:See the résumé that helped a college student land internship offers from Google, Facebook, Apple, and Goldman Sachs

(翻訳:堀口 ゆりえ)

関連記事

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Recommended

Sponsored

From the Web