ネット騒然! 「飛行機に乗る80羽の巨大な鳥たち」 の真相

飛行機での移動は、居心地の悪いことがある。しかし、次にあなたが狭いシートに押し込まれた時は、80羽の鳥が一緒に乗っていないことに感謝してほしい。

30日月曜日の朝、サウジの王子が80羽の鳥を飛行機で運んでいる写真をReddit に投稿、写真が拡散している。

a-bizarre-photo-of-80-giant-birds-on-a-plane-is-taking-over-the-internet--but-it-isnt-as-strange-as-you-think

Reddit

我々は写真の投稿者にコンタクトを試みた。航空会社や鳥を席につかせるのにどれくらい時間がかかったか、鳥は飛行機の中でおとなしくしていたか、などを知りたかったからだ。

投稿者によるとこの鳥はタカとのことだが、どうやらファルコン(隼)のようだ。

ファルコンの運送は、中東では珍しいことではない。鳥を訓練して狩猟に使う「Falconry」(いわゆる鷹狩り)は、中東では何千年にもわたって行われてきており、アラブ首長国連邦(UAE)では今も人気がある。

ファルコンはUAEの国鳥でもある。UAEから出国する便を持つ航空会社が、この鳥たちの移動のニーズに応えることは理解できなくない。

Atlas Obscuraによると、ファルコンたちはUAEのパスポートを持っている。バーレーン、クエート、オマーン、カタール、サウジアラビア、パキスタン、モロッコ、シリアなどへの入国が可能だ。

ちなみにパスポートの期限は3年らしい。

ファルコンたちには1羽に1席が与えられ、事故を防ぐために席には布を敷かなければならない、と航空会社Flydubaiの代表がUAEのニュースサイトThe Nationalに語った。以前にもFlydubaiのビジネスクラスが、ファルコンでいっぱいになったことがあるらしい。

どうやら、拡散した写真のような状況は、我々が思うよりも珍しいことではないのだ。

カタール航空は、最高で6羽のファルコンをエコノミークラスに搭乗させることを許可している。エティハド航空もまた、必要書類さえ揃っていれば、ファルコンの搭乗を認めている。

もし将来、あなたがファルコンを連れて飛行機に乗るときも、思ったよりも簡単かもしれない。もちろん、機会があればだが。

[原文:A bizarre photo of 80 giant birds on a plane is taking over the internet — but it isn't as strange as you think

(翻訳者:にこぱん)

関連記事

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Recommended

Sponsored

From the Web