アップルの2017年度第1四半期決算(2016年10〜12月)は増収 —— iPhone販売が予想以上に増加

アップルのロゴイメージ

Reuters

アップルが発表した2017年度第1四半期決算(12月31日まで)によると、スマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)」の販売台数は予想以上に増加した。

9月に発売された新型モデル「iPhone7」の売れ行きが好調だった。

決算発表を受け、Appleの株価は引け後の取引で2.6%上昇。

10〜12月のiPhone販売台数は7829万台で、前年同期の7478万台から増加。増加は1年ぶりとなった。

調査会社ファクトセット・ストリートアカウントがまとめたアナリスト予想平均は7742万台だった。

売上高は3.3%増の783億5000万ドル。トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト予想平均772億5000万ドルを上回った。

一方、Appleが次の成長市場と位置づけていた大中華圏の売上高は11.6%減の162億3000万ドル。競争の激しい同市場で苦戦が続いている。

アップルが示した第2四半期(1〜3月)売上高見通しは515億〜535億ドル。アナリスト予想の537億9000万ドルを下回った。

マエストリ最高財務責任者(CFO)は、ドル高が売上高見通しの押し下げ要因になったと説明した。

ファクトセット・ストリートアカウントによると、1〜3月のiPhone販売台数の予想平均は5343万台。

アップルの売上高全体に占めるiPhone売り上げの割合は69.4%と大きい。

10─12月のアプリ販売「アップストア」などサービス関連事業の売上高は18.4%増の71億7000万ドル。ファクトセットのアナリスト予想(69億1000万ドル)を上回った。

同事業にはクラウドサービスの「iCloud(アイクラウド)」、電子決済サービス「アップルペイ」も含まれる。

アナリストらは、今後スマホ市場の成熟に伴うiPhone販売の落ち込みをサービス事業の収益増が補うとみている。

純利益は178億9000万ドルで、前年同期の183億6000万ドルから減少。ただ、1株当たりでは3.36ドルと、前年同期の3.28ドルから増加、アナリスト予想平均の3.12ドルも上回った。

関連記事

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Recommended

Sponsored

From the Web