マイケル・ムーア、2020年の民主党大統領候補を選ぶ

ムーア氏

CNN

米大統領選挙におけるドナルド・トランプ氏の勝利を受けて、アカデミー賞受賞監督のマイケル・ムーア氏がCNNでたびたびコメントをしている。

11月10日木曜日(現地時間)の夜に行われたCNNの総合司会者ドン・レモン(Don Lemon)氏との対談でムーア氏は、ニューヨークにおいて自身のスマートフォンで撮影した「トランプ氏勝利への抗議デモ動画」を披露した。また、今回の選挙の投票率の低さについても言及した。

「多くの人が諦めてしまっている」とムーア氏はレモン氏に語る。

ムーア氏によれば、民主党は創造性が絶対的に欠けている。2020年の大統領候補者選出に向けて、共和党の戦略を見習わなくてはならないという。

「民主党は刺激的な人物を大統領候補にするべきだ。共和党はロナルド・レーガンやシュワルツネッガーを出馬させてきた。なぜ我々はトム・ハンクスや人気司会者のオプラ・ウィンフリーを出馬させないのか? 冗談で言っているわけではない。本気だ。アメリカ国民に愛されている人物を大統領候補にすべきだ」

トランプ氏でさえこれだけの時間がかかったのだから、人気者が政界への進出とそれがもたらす影響を検討するには長い時間がかかるだろう。

しかし、今回のトランプ旋風は、より経験豊富で刺激的な人物の出馬を促すかもしれない。

さしあたってムーア氏は、選挙結果に落胆している人々のために「選挙の翌朝にやるべきことリスト」を公開している。

[原文:Michael Moore has an idea about who the Democrats should nominate for president in 2020

(翻訳: 小池祐里佳 )

関連記事