きちんとしたプロフィール写真を撮るための8つのルール

589a0bdf6e09a897008b5c72

明るく元気に見せよう。

Business Insider/Shutterstock

対面でもオンラインでも、社会人としての第一印象はとても重要。上司や同僚が一緒に働きたいと思うような、「信頼感」があり、「自信に満ちた人物」でありたいと誰もが思っている。

キャリアコンサルタントのバーバラ・パッチャー(Barbara Pachter )は著書『The Essentials of Business Etiquette』でプロフィール写真を撮影する際のルールについて、要点をまとめている。 「できるビジネスパーソン」に見られるには、どういうことに気をつければいいのだろうか?

(敬称略)


頭をまっすぐに

5899ffcf6e09a897008b5c04

積極的に見せたいなら、斜めにならないように。

Business Insider/Shutterstock

頭が傾いていると、自信がないように見られる。プロフィール写真なのだから、自信に溢れ、能力があるように見せたい。

自分以外を写してはいけない

5899ffdb6e09a8c1078b5abb

プロが撮影した写真に、猫は写らない。

Business Insider/Shutterstock

プロフィール写真はあなたに焦点を当てるものだ。物が写り込んでいるものやグループ写真、子どもやペットと一緒の写真はふさわしくない。


ピントを合わせること

5899ffbb6e09a824008b5c2d

ピントが合っていない写真は印象が良くない。

Business Insider/Shutterstock

顔はくっきり、鮮明に写っていなければならない。背景に影が落ちている場合は、そのせいで顔がわかりにくくなっていないか確認しよう。

最近の写真を使用する

5899ffe66e09a8c1078b5abc

昔の方が写りが良くても、最近の写真を使うこと。

Business Insider/Shutterstock

もし、写真とまったく違う人物が現れたら相手は驚く。なぜ、そんな紛らわしい写真を使ったのかとあやしまれるだろう。

きちんとした格好をする

5899fff56e09a8c0078b5b66

こんな格好で働くんでしょうか?

Business Insider/Shutterstock

職場でもおかしくないような服を着よう。ビーチやクラブへ行く時、ましてやマラソンをするときのような格好はご法度だ。

明るい表情で写る

589a00056e09a8c1078b5abd

明るい表情の方がよいです。

Business Insider/Shutterstock

「一緒に働きたい」と思ってもらうことが重要。あまり深刻にならず、明るく自信に満ちた表情で写ろう。また、活力溢れるイメージを出したいのなら、白黒写真は避けた方がよい。

会社のロゴは使わない

589a001c6e09a880028b4b6b

顔が見えた方がいい。

Business Insider

会社の紹介ページでない限り、会社のロゴを載せるのはやめよう。人はあなたという個人とつながりたいと思っている。仕事を一緒にするようになれば、あなたの商品や会社については別のページで知ることになる。

写真欄には写真を載せること

589a002a6e09a824008b5c31

匿名はまずい。写真がないのも。

Business Insider

同姓同名がいるかもしれない。自分が「正しい相手」であることを保証するためにも、写真欄があったら、写真を載せること。また、コンタクトするかもしれない相手が誰か分からないよりも、写真が載っていた方が信頼感が出る。

*この記事はヴィヴィアン・ギャン(Vivian Giang) の記事の更新版です。

[原文:8 profile picture rules every professional should follow

(翻訳:小池祐里佳)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み