年間約1兆6500億円! デートアプリがイギリス経済に大貢献

dating-apps-are-worth-117-billion-to-the-uk-economy-every-year

Tinderケーキ

Emily Wren Photography

オンラインにアップロードされたプロフィールの中から好みの相手を探す「Tinder」や「Happn」などのデートアプリが、イギリス経済に多大な影響を与えている。イギリスの銀行TSBが火曜日に公開した研究結果から、その模様が明らかになった。

デートアプリは毎年117億ポンド(約1兆6500億円)の経済効果をイギリスにもたらしている。実際にデートで支払われた145億ポンドのうちの3分の2以上だ。

この数字は、イギリスの成人2000人を対象にした調査から導き出された。

TSBによれば、初デートの費用は平均41.20ポンド(約5800円)で、そのうち男性は50ポンド(約7000円)、女性は36ポンド(約5100円)だった。2回目以降のデート費用は平均28.83ポンド(約4100円)。

イギリスでもっとも人気のあるデートアプリは「Tinder」。55%のイギリス人が利用したことがあるという結果が出た。僅差で2番手についたのは「Plenty of Fish」で、こちらは41%だった。

TSBのマネージャー、ニコラ・フォーサイズ氏は、自社の声明の中で以下のように述べている。

「運命の相手を探すべく、イギリス人の恋愛活動は活発化しています。レディファーストの文化も健在で、女性のほとんどが割り勘を好んでいるにもかかわらず、男性のほとんどが喜んで初デートの費用を負担しようとします」

「デートが必ずしも本当の愛につながるとは限りませんが、こうしたデート事情は確実にイギリス経済を活性化させています。もっとも利益を得ているのはバーやレストランですが、時にヘリコプターのパイロットも思いがけずその恩恵を受けているようです」

[原文:Dating apps are worth £11.7 billion to the UK economy every year

(翻訳者:にこぱん)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい