“自動運転車の父” セバスチアン・スランの新プロジェクトは「食事の準備」?

the-man-building-flying-cars-for-larry-page-wants-to-reinvent-the-way-you-prepare-dinner

Udacityの創業者で有名なロボット科学者のスラン

Udacity

空飛ぶ自動車、ロボット、食事の準備、これらの共通点は?

これらはすべてシリコンバレーのスーパースター、セバスチアン・スランが今、情熱を注ぎ込んでいるプロジェクトだ。

グーグルの元重役で、AIおよびロボットの第一人者である彼は「健康的でおいしい」食事を家で食べることを目的としたスタートアップを密かに始動させているようだ。

2月1日にスランはロボットの専門家に電話をかけ、彼が「フード・テクノロジー・プロジェクト」と呼ぶものへの支援を要請した。

「食事の準備に特化した革命的なテクノロジーを開発するために、エンジニア、デザイナー、プロダクトスペシャリストから構成されるチームのメンバーを募集している。健康的でおいしい食事を毎日の生活の中で準備するための方法をテクノロジーを使って進化させる」とスランは求人ページに書いている。

「食事の準備」というのは、スランからは想像しづらいカテゴリーだ。彼はグーグルで、今ではすっかり有名になった「Google X」というハードウェア・イノベーションラボを立ち上げた。それ以前は、スタンフォード大学で世界トップクラスの自動運転技術を研究していた。彼は今も「自動運転車の父」と呼ばれている。2012年にグーグルを退社してオンライン教育のスタートアップ「Udacity」を立ち上げ、その後、ラリー・ペイジもかかわっている空飛ぶ自動車を開発する「KittyHawk」を立ち上げた。

スランが持つロボット技術の知識やノウハウが、調理の分野でどのように生かされるのか、今はまだわからないが、スチーマーが活用されることは間違いないようだ。

関係者の情報によると、スランは今、いろいろなものをスチームすることに夢中になっている。しかし、彼自身はこのプロジェクトについての詳細を我々に明かしてくれなかった。

その代わり彼はSVFactory.comへメールを送るよう伝えてきた。しかし、SVFactoryのウェブサイトには「シリコンバレーファクトリーへようこそ。何もないところから何かを作り出します。それが我々の秘密です」というわずかな情報しか掲載されていない。

(敬称略)

[原文:The man building flying cars for Larry Page wants to reinvent the way you prepare dinner

(翻訳:まいるす・ゑびす)

関連記事

Business news