第一次世界大戦時のアートに見る「100年前のアメリカ」

5893a6256e09a824008b4c33

「Flower of Death」

Smithsonian American Art Museum, Washington, D.C.

今の世の中は混沌としているだろうか? もし、そう思うなら第一次世界大戦の真っ只中だった100年前の生活を想像してみよう。

アメリカが第一次世界大戦に参加することになったのは1917年4月6日。あの運命の日から100年目にあたる日が近づいている。ペンシルベニア美術アカデミーでは、アメリカンアートと戦争を初めて大規模に展示するエキシビションを開催している。今後、ニューヨークとテネシー州ナッシュビルでも開催する予定。

「第一次世界大戦中の作品を知ることで、100年前の世の中がどこへ向かおうとしていたのかを、これまでになかった視点で見ることができます。現在のわたしたちが向かう先も見えてくるかもしれない」。キュレーターのロバート・コツォリーノ(Robert Cozzolino)氏、アン・ナットソン(Anne Knutson)氏、そして(本記事リポーターの父)デビッド・ルビン(David Lubin)氏はそう述る。

カタログを引用しつつ、展示作品のうちのいくつかを紹介しよう。


少なくともはじめのうちは戦争を支持するものだった。チャイルド・ハッサム(Childe Hassam)が夢のように描いたニューヨークの絵はその最たるもの。

5893a6256e09a8aa238b4876

"Early Morning on the Avenue in May 1917" (1917) by Childe Hassam

Addison Gallery of American Art, Phillips Academy, Andover/Art Resource, NY

source:Addison Gallery of American Art,Phillips Academy,Andover/Art Resource, NY


ジェームズ・モントゴメリー・フラッグ(James Montgomery Flagg)が自身をモデルに描いたこの有名作品のように、一部のアーティストは実際にプロパガンダ作品も作り出した。

5893a6256e09a81b008b4c4a

"I Want YOU for U.S. Army, Nearest Recruiting Station" (1917) James Montgomery Flagg

The Library Company of Philadelphia

source:The Library Company of Philadelphia

戦場に出向かなかった者たちに対して「男らしさ」を疑問視するポスター。

5893a6256e09a897008b4c3e

"Gee!! I Wish I Were a Man—I’d Join the Navy" (1918) by Howard Chandler Christy

Library of Congress, Washington, DC, Prints and Photographs Division

source:Library of Congress, Washington, DC, Prints and Photographs Division

また、あるアーティストたちは、軍隊に入隊しなかった者たちを「国民の義務を怠った」として非難した。

5893a6266e09a81c008b4c86

"Enlist—On Which Side of the Window Are YOU?" (1917) by Laura Brey

Courtesy of The New-York Historical Society

source:Courtesy of The New-York Historical Society

ドイツ人を暴れ狂う獣として描写した作品。

5893a6256e09a81c008b4c85

"Destroy This Mad Brute—Enlist" (1917) by Harry Ryle Hopps

Harry Ransom Center, The University of Texas at Austin

source:Harry Ransom Center, The University of Texas at Austin

ジョージ・ベローズ(George Bellows)は、戦地から届く情報をもとに、ドイツ人の残虐行為を描いた。もととなった戦地の報告も結局は大げさに誇張された話だった。

5893a6256e09a8c1078b4b23

"The Germans Arrive" (1918) by George Bellows

Reproduced with permission of The Bellows Trust.

source:Reproduced with permission of The Bellows Trust.

戦争に反対するアーティストもいた。「支配者は言う。『よくやった。さあ、その身体がなくなるまで戦い続けるのだ』」

5893a6256e09a8f2208b492e

"After the War, a Medal and Maybe a Job" (1914) by John Sloan

Library of Congress, Washington, DC, Prints and Photographs Division

source:Library of Congress, Washington, DC, Prints and Photographs Division

棺桶を用意するために採寸する骸骨。タイトルは『Physically Fit(ぴったりサイズ)』

5893a6256e09a826008b4c5a

"Physically Fit" (1917) by Henry Glintenkamp.

Library of Congress, Washington, DC, Prints and Photographs Division

source:Library of Congress, Washington, DC, Prints and Photographs Division

戦争を直接体験した数少ないアメリカ人アーティストの1人に、クラゲット・ウィルソン(Clagett Wilson)がいる。彼はこの『死の火花 ―― 巨大爆弾の破裂 ―― どんな風に目に映るかではなく、どのように感じ、聞こえ、匂い立ってくるかだ』という衝撃的な作品で戦場の混沌を表現した。

5893a6256e09a824008b4c33

"Flower of Death—The Bursting of a Heavy Shell— Not as It Looks, but as It Feels and Sounds and Smells" (1919) by Claggett Wilson

Smithsonian American Art Museum, Washington, D.C.

source:Smithsonian American Art Museum, Washington, DC

弾幕の中を走り抜ける、腕を負傷した男。

5893a6256e09a8c0078b4b7e

"Runner Through the Barrage, Bois de Belleau, Château-Thierry Sector; His Arm Shot Away, His Mind Gone" (1919) by Claggett Wilson

Smithsonian American Art Museum, Washington, D.C.

source:Smithsonian American Art Museum, Washington, DC

手榴弾、毒ガス、有刺鉄線、マシンガンが生み出す『恐怖のシンフォニー』。

5899eb4f6e09a8f2208b5861

"Symphony of Terror" (1919) by Claggett Wilson

Smithsonian American Art Museum, Washington, D.C./Art Resource, NY

source:Smithsonian American Art Museum, Washington, DC/Art Resource, NY

有刺鉄線に捕らわれた者たちの『死の舞』。

5899ebbd6e09a87b008b5b2f

"Dance of Death" (1919) by Claggett Wilson

Smithsonian American Art Museum, Washington, D.C./Art Resource, NY

source:Smithsonian American Art Museum, Washington, DC/Art Resource, NY

アメリカ遠征軍写真部を率いたエドワード・スタイケン(Edward Steichen)がカメラにおさめた、航空戦の幕開け。

5893a6256e09a8f2208b492d

"Aerial Bombs Dropping on Montmedy, World War I" (1914–1918) by Edward Steichen

©2016 The Estate of Edward Steichen/Artists Rights Society (ARS), New York

source:©2016 The Estate of Edward Steichen/Artists Rights Society (ARS), New York

ハービー・ダン(Harvey Dunn)は前線の荒涼とした風景を描いた。

5893a6256e09a822008b4c46

"The Tanks at Seishprey" (1918) by Harvey Dunn

Smithsonian’s National Museum of American History

source:Smithsonian’s National Museum of American History

ジョージ・ハーディング(George Harding)の『ベルダンの攻撃』。迫撃砲の煙の中で人間と馬が入り交じる。

5899ec2f6e09a835008b5bca

"Verdun Offensive" (1918) by George M. Harding

Smithsonian’s National Museum of American History

source:Smithsonian’s National Museum of American History

ジョン・シンガー・サージェント(John Singer Sargent)の大作『Gassed』には、彼がベルギーのイープル近くで目にした恐るべき光景が描かれる。マスタードガス攻撃の犠牲となった兵隊たち。

5893a6256e09a87b008b4c61

"Gassed" (1919) by John Singer Sargent

©IWM Imperial War Museums, Art.IWM ART 1460

source:©IWM Imperial War Museums, Art.IWM ART 1460

「悲惨な出来事だった」。人々がそう気づいたのは、戦争が終わってからのこと。ジョン・スチュアート・カリー(John Steuart Curry)の1939年の作品には、骸骨になった兵士たちのパレードが描かれた。

5893a6256e09a835008b4c63

"Parade to War, Allegory" (1938) by John Steuart Curry

©Estate of John Steuart Curry, courtesy of Kiechel Fine Art, Lincoln, NE

source:©Estate of John Steuart Curry, courtesy of Kiechel Fine Art, Lincoln, NE

[原文:America entered World War I 100 years ago — this art shows what it was like

(翻訳:バーミンガム 昌子)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい