Appleの「WWDC 2017」は6月5日、新本社の近くで

576812c291058436008ca3c7

Appleのティム・クックCEO

Apple

Appleの開発者向けイベント「WWDC 2107(世界開発者会議2017)」の日程と場所が木曜日に発表された。

今年のWWDCは6月5日〜9日にかけて開催される。過去数年はサンフランシスコで行われていたが、今年はサンノゼだ。

WWDCが、サンノゼで最後に開催されたのは2002年。サンフランシスコと比べるとサンノゼは、クパチーノにあるApple本社に近い。同社の新本社(Apple Campus 2)はまだ建設中だが、開催までには完成する見通し。「宇宙船」と呼ばれるその新本社で行われるイベントがあるかもしれない。

Appleは以下のように発表している。

「WWDC 2017は、クパチーノのApple新本社の近くで開催されます。開発者、アプリ制作者のみなさんにとっては、Appleのエンジニア1000人以上と交流できる有意義な機会になるでしょう」

参加申し込みは、3月27日(現地時間)から。開発者5000人にパスが配布される。

同社のマーケティング担当上級副社長フィル・シラーは「会議の内容は開発者向けのウェブサイトでストリーミング配信される」とThe Loopに述べた。

WWDC 2017のウェブサイトにはスティーブ・ジョブズが残した言葉が掲載されている。

テクノロジーだけでは不十分。

テクノロジーはリベラルアーツ、人間性と融合してこそ、新しいアイデアや経験を生み出すことができ、社会をさらに発展させる。今夏、多様な価値観と情熱、才能を持った何千もの人が集まり、Appleとともに世界を変えていく。

ここ数年のWWDCでは、新しいソフトウェアのみが発表されてきた。過去にはハードウェアが発表されたこともあった。

source:AppleThe Loop

[原文:Apple's biggest annual event hits San Jose on June 5(AAPL)

(翻訳:Satoru Sasozaki)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Sponsored

From the Web

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい