米国家安全保障担当補佐官の後任、いまだ決まらず

the-man-trump-wants-to-replace-michael-flynn-turned-down-the-job

ロバート・ハワード氏。2011年、アフガニスタンにて。

Sgt. Shawn Coolman/US Marines

辞任したマイケル・フリン(Michael Flynn)氏に代わり、トランプ大統領が国家安全保障担当補佐官の後任にと望んでいた人物がその申し出を断った。フィナンシャル・タイムスが「近しい関係者」の話として報じた

トランプ大統領は13日月曜日、Navy SEALs(海軍特殊部隊)の司令官だったロバート・ハワード(Robert Harward)氏に就任を打診した。同氏は「検討する時間が欲しい」と回答したとフォーリン・ポリシー誌が伝えた

フィナンシャル・タイムズによると、ハワード氏は打診を断ったようだが、トランプ大統領は翻意を促すべく、同氏にホワイトハウスを再度訪問するよう求めている。

ホワイトハウスはこの件に関して、メディアからの問い合わせに応じていない。

フリン氏に代わる後任候補者リスト3名のトップにハワード氏の名前が挙がっていることは、ワシントン・ポストの取材に対して、2人の政府関係者が認めた

現在、国家安全保障担当はキース・ケロッグ(Keith Kellogg)元陸軍大将が代行している。

source:US Marines

[原文:Trump's top choice for national security adviser just said no to the job

(翻訳:十河亜矢子)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい