iPhoneが 「拡大鏡」 になる —— iOS 10の新機能の設定方法

58a73e915490571c008b56ad

Hollis Johnson

Appleは最新のiPhoneソフトウェア「iOS 10」に、隠し機能として粋なカメラモードを導入した。

「拡大鏡」モードは、iPhoneのカメラを使用して文字や小さなものを拡大できる。細かい文字を読む時や、細部へズームしたい時などは特に便利。

この隠し機能では明るさや色も調整でき、色覚障害を持つ人にとっては有益な機能だろう。

一度設定してしまえば、拡大鏡の使い方は簡単。

まずは設定をONにする必要がある。設定 > 一般 >アクセシビリティ に進み、「拡大鏡」をオンにしよう。

それが終了したら、使い方は簡単。ホームボタンを3回押すだけ。ロック画面であろうと、ホーム画面であろうと、アプリを使用中であろうと、ホームボタンを3回押せば起動する。

以下が拡大鏡を起動した時の画面。

58a7407e54905755008b56af

Screenshot

倍率はスライダを動かすことで調整できる。

58a7418e01fe5851008b54b6

Screenshot

画面右下の「3つの円が重なった図」をタップすれば、色彩を変えることができる。もしそれで画像が見やすくなるのであれば、試してみるといいかも。明るさ、コントラストも調節可能で、色を反転することもできる。

58a7416701fe586a018b54f1

Screenshot

[原文:Here's how to access the iPhone's hidden mode that turns the camera into a magnifying glass(AAPL)

(翻訳:Wizr)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい