ウォーレン・バフェットが米航空大手に“1兆円以上”を投資

GettyImages-611784240

アメリカン航空のボーイング777

Santiago Rodriguez Fonto/GettyImages

この半年で2回、ウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイは米航空業界へ数十億ドル(数1000億円)を投資した

アメリカン航空デルタ航空ユナイテッド航空、そして サウスウエスト航空 への投資額は、合計で100億ドル(約1兆円以上)近くになる。

この動きは、つい2013年まで米航空業界 を「投資家の底なし沼」と呼んでいたバフェットにとっては、驚くべき方針転換である。

しかし、バフェットの米航空大手4 社への投資姿勢は一貫しており、注目に値する。これまでの投資額は、アメリカン航空に21億ドル(約2400億円)、ユナイテッド航空に22億(約2500億円)、サウスウエスト航空に24億ドル(約2700億円)、そしてデルタ航空には30億ドル(約3400億円)だ。

数ある航空各社の中から1社を選んでいるのではなく、彼は航空大手4社に投資を分散させている。この行動は、米航空業界全体が強くなっていることを表しているが、逆に利用者の立場では、会社間の違いがほとんどないことを浮き彫りにしている。

過去10年で、米航空業界の動向は大きく様変わりした。米航空大手4社は、金融危機後の輸送能力調整、人件費抑制および燃料価格の低下に支えられ、この2年は過去最高益を記録した。

また、米国内線では市場を争う競争相手が減少した。

2000年には、アメリカウエスト航空、USエアウェイズ、TWA、エアトラン航空、コンチネンタル航空、ATA、ノースウエスト航空などで米国の空は“混雑していた”が、2016年までには航空大手4社と合併もしくは買収され、これらの会社は消えてしまった。

結果として、独自路線(ヴァージン・アメリカ、ジェットブルー)、ローカル・ブランド(アラスカ航空、ハワイアン航空)、そして超格安LCC(スピリット航空、フロンティア航空)を除き、航空大手はたった4社間での競争となった。

img_4320

デルタ航空の機内

Delta

これは国内・海外、両方の路線を持つフルサービスの航空会社である、アメリカン航空、デルタ航空、ユナイテッド航空の3社に特に顕著だ。例えば2015年初め、デルタ航空はマイレージ・プログラムを飛行距離ベースから、フライトの運賃ベースへと変更した。

すると、ユナイテッド航空とアメリカン航空もすぐに後に続き、デルタ航空と同じ変更を発表した。

エコノミークラスの料金や荷物手数料に関しても、足並みを揃えた。

その結果、 大手4社の国内線はほぼ同じになった。どの航空会社に搭乗しても、機内サービス、アメニティ、座席の広さは同じだ。

一般的に、こうした同一性はマーケットの働きによるものだ。航空業界は非常に資本集約型の産業であり、ビジネスサイクル、為替変動、世界経済の動向や地政学リスクに敏感だ。

GettyImages-475746534

サウスウエスト航空のボーイング737

filo/GettyImages

その中で、サウスウエスト航空はどちらかと言うと我が道を行くタイプ。他の3社とは違い、同社はボーイング737、1機種のみを運行させて低コストビジネスモデルを追求している。さらに同社は海外路線に参入せず、手荷物手数料やビジネスクラスの導入を見送ることで差別化を図っている。

今のところ航空大手4社は世界でもっとも収益性の高い航空会社だが、40年以上、利益を出し続けているサウスウエスト航空以外は、経営破綻から再生してまだ間もないのだ。

幸いにも最近の業界再編の流れは、現状の航空会社各社をいっそう強くした。2008年のデルタ航空とノースウェスト航空の合併は大成功だった。合併後の新会社は高業績をあげただけでなく、運行の優秀さでも業界のトップだ。現在、米大手航空4社の中で最強と見なされている。

2010年のユナイテッド航空の合併は、財政面、労使問題そして経営陣の度重なる交代が伴い、極めて困難な案件だった。幸運にもCEOのオスカー・ムノズ(Oscar Munoz)のもと、この1年で、労使問題およびパフォーマンスの問題解決に向けて大きな前進を遂げている。

unitedboeing747livery2

ユナイテッド航空のボーイング747-400

United Airlines

サウスウエスト航空による2010年のエアトラン航空の買収は、ダラスを拠点とする同社のミシシッピ以東への進出努力が実ったものだ。

アメリカン航空とUSエアウェイズの合併手続きの完了により、世界最大の新航空会社が誕生した。新会社は社風やオペレーションの違いに取り組まなければならないが、アメリカン航空の効率的な国内線ネットワークはライバル会社にとっては手ごわい。

全体としてみると、米航空大手4社は、ほぼ世界航空大手4社でもあり、投資対象として好条件にある。4社がバフェットから投資を受けるのは当然の流れだ。

(敬称略)

source:DeltaUnited Airlines

[原文:Warren Buffett's $10 billion airline investment reveals everything you need to know about the industry

(翻訳:Conyac

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい