BI Daily Newsletter

ヒップホップ界の大御所ジェイ・Zがベンチャーキャピタル界へ進出

jay-z-is-launching-his-own-venture-capital-firm

Getty Images

ヒップホップ界の大御所ジェイ・Z(Jay Z)が、ベンチャーキャピタル界に進出する。

自ら代表を務めるレコードレーベル「Roc Nation」の社長、ジェイ・ブラウン(Jay Brown)とともに投資ファンドを設立する。2人は3人目のパートナーを加える予定で、Sherpa Capitalと提携してファンドをスタートさせる予定。ニュースサイト「Axios」のダン・プリマック(Dan Primack)記者が伝えた

我々はジェイ・Zに事実確認を行っているところだ。

ジェイ・Zの本名は、ショーン・カーター。少なくとも2012年から、IT系スタートアップへの投資を行ってきた。カーターとブラウンは、どちらもUberのSeries B(事業がスタートした後の第2段階)の投資者だとAxiosは伝えた。カーターは他にも、 ハイテク鞄メーカー「Away」、ネイルサロン会社「Julep」、プライベートジェットの「JetSmarter」といったスタートアップ3社に投資してきた。音楽ストリーミングサービス「Tidal」の共同オーナーでもある。

カーターとブラウンの新ファンドは、シードステージ(会社設立前、もしくは設立直後)の会社に注目していく。規模に関してはまだ確定していないと、Axiosは伝えた。

(敬称略)

source:Axios

[原文:Jay Z is launching his own venture capital firm

(翻訳者:にこぱん)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

2

錯綜するワクチン情報に振り回される自治体。独自システム発注後にマイナンバー活用浮上

  • 浜田 敬子 [ジャーナリスト/前Business Insider Japan統括編集長]
  • Jan. 26, 2021, 06:10 AM

【調査】消費行動データに浮上した「Zoom飲み流行の終焉」と「緊急事態の買い占め」

2021年1月 シブヤ

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み