TVシリーズ『ザ・ジンクス』で描かれた連続殺人犯について重要参考人が証言

GettyImages-630362794

ロバート・ダースト(2016年12月)

Pool/GettyImages

ロバート・ダースト(Robert Durst)は、HBOのドキュメンタリー・シリーズ『ザ・ジンクス(The Jinx)』のテーマとなった人物。妻のキャサリン・ダースト(Kathleen Durst)を殺害した事実を友人のスーザン・バーマン(Susan Berman)に認めていたと、重要参考人は証言した。

彼は友人のバーマンをロサンゼルスの彼女の自宅で殺害したとして2000年に起訴されている妻のキャサリンは1982年に行方不明になった後、今日までその痕跡も一切見つかっていない

16日木曜日(現地時間)に行われた裁判前の公聴会で、目撃者でもあり、彼に非常に近しい友人のネイサン・ニック・チャビン(Nathan “Nick” Chavin)は、彼は妻を殺害したことを「バーマンに話した」と述べた。

ロサンゼルス・タイムスによると、チャビンは「バーマンが『ロバートがキャサリンを殺した』と言った」と証言した。チャビンがバーマンに「なぜ知っているのか」と聞くと、バーマンは「ロバートが教えてくれた。彼を守るためになんでもやらなくては」とキャビンに言ったとのことだ。

チャビンは「秘密の目撃者」として法廷に呼び出され、ボディガードに守られていたと、同じく同紙は伝えた。

検察側はロバートがバーマンを殺害したのは、彼女がスーザンの殺害を知ったためと主張しているが、スーザンの遺体はまだ見つかっていない。ロバートは2人の女性の殺害について否認しているが、よく知られている通り『ザ・ジンクス』は、彼がトイレの中で「わたしがみんな殺した」と爆弾発言した場面で終わっている

2003年にロバート・ダーストは、隣人モリス・ブラック(Morris Black)を殺害し、遺体をバラバラにした事実を認めたが正当防衛を主張して有罪を免れた

(敬称略)

[原題:A key witness says 'Jinx' subject Robert Durst admitted he killed his wife to future victim

(翻訳:日山加奈子)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい