無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ビギナーでもすぐに焚き火が楽しめそう! 火起こしがしやすく、設営&撤収ラクラクなコールマンの焚き火台

コールマン焚火台1

Photo: 片岡清

こちらの記事はルーミーから一部編集の上、転載しています。

実は筆者、これまで焚き火台を持っていなかった。

というのも、直火OKのキャンプ場に行くことが多かったり、一緒にキャンプに行く友人が焚き火台を持っていたりすることから、必要性をあまり感じていなかったのだ。

しかし近年は、焚き火台が必須なキャンプ場が増えたため、地面にダメージを与えないために購入を決意。設営や撤収が簡単で、火起こしがしやすい点がポイントとなり、コールマンの「ファイアーディスク」を導入することに。

「ファイアーディスク」おすすめポイント

・設営や撤収が簡単

・通気性抜群で、火起こしがしやすい

・バーベキューやダッチオーブン調理もできる

脚を開閉するだけ。設営や撤収を時短で行える

コールマン焚火台2

Photo: 片岡清

オールステンレス製の「ファイアーディスク」は、お椀のような火床と脚だけのシンプルな構造の焚き火台。使用時のサイズは約直径45×高さ23cmで、重量は約1.6kg。イメージしていたよりも少し大きく感じた。

コールマン焚火台3

Photo: 片岡清

現在販売されている焚き火台の多くが組み立て式だが、「ファイアーディスク」は3本の脚を開閉するだけ。設営や撤収に時間がかからない。

優れた燃焼効率を発揮! ビギナーでもすぐに焚き火を楽しめる

コールマン焚火台4

Photo: 片岡清

キャンプ場での焚き火台デビューを前に、まずは自宅の庭で試し焚きをすることに。

一番下には着火剤代わりに大豆の殻や茎を置き、その上に小枝、そして一番上に小割りの薪を置いてみた。火床が広いので、さまざまな薪の組み方ができそう

コールマン焚火台5

Photo: 片岡清

火床の中心が深く、薪を組むと下に空気の通り道ができるので、通気性抜群。優れた燃焼効率で火起こししやすく、ビギナーでもすぐに焚き火を楽しめた。

構造がシンプルで部品も少ないので、後片付けや手入れもしやすい点も◎。

バーベキューやダッチオーブン調理もできるので、キャンプ料理の幅が広がる

コールマン焚火台6

Photo: 片岡清

ファイアーディスク」は付属の焼き網を使えば、バーベキューグリルとしても使用可能。

網は3箇所でカチッとはめることができ、ずれにくく、炭を入れやすい構造になっているが、網と炭との距離が近いので、こまめな火力調整が必要。

コールマン焚火台7

Photo: 片岡清

また、別売りのダッチオーブンスタンドを使えば、ダッチオーブン料理も楽しめる。焚き火だけでなく、キャンプ料理の幅が広がるのも「ファイアーディスク」の魅力のひとつだ。

コールマン焚火台8

Photo: 片岡清

付属の収納バッグには、本体や網以外にも火バサミやグローブなど、焚き火周りのアイテムをまとめて入れておくことができ、便利。

「ファイアーディスク」おすすめポイント

・設営や撤収が簡単

・通気性抜群で、火起こしがしやすい

・バーベキューやダッチオーブン調理もできる

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

(文、写真・カタオカ キヨシ/Source: Amazon.co.jp

注:この記事のリンクを経由して製品を購入すると、アフィリエイト契約により編集部が一定割合の利益を得ます。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み