無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


キズを抑えてピカピカに。泡と水圧で汚れを落とす泡洗車を家庭で再現

lifelex1

Photo:田中宏和

洗車キズ、気になるよね?

車の塗装面には、他の車から排出された細かい鉄粉や、道路上を舞っている細かい砂が付着している。水を勢いよく掛けたくらいでは落ちないこれらの微細なゴミは、洗車時にスポンジを押し付けてゴシゴシしてしまうと、ヤスリがけしたように塗膜の表面を傷つけてしまうのだ。

そんな洗車キズを抑えてくれる洗車法のひとつが、泡洗車

lifelex2-1

Photo:田中宏和

LIFELEX 蓄圧式洗車クリーナー」おすすめポイント

・塗装面にやさしい泡洗車ができる

・手が届きにくい部分にも泡を噴射できる

・手軽に洗車できる

ジェット水流噴射と泡噴射の2WAY

lifelex3-1

Photo:田中宏和

LIFELEX 蓄圧式洗車クリーナー」には、2タイプのノズルが付属している。ライトブルーのノズルは、ジェット水流噴射用。ブラックのノズルは泡噴射用である。

ジェット水流ノズルは、月極駐車場など、水道が使えない場所で洗車したいときや、高圧洗浄機の代用品として使えるパーツ。

泡洗車する前や洗車後のすすぎに、必要に応じて活用しよう。

蓄圧式のハンディポンプ

lifelex4-1

Photo:田中宏和

庭の手入れや家庭菜園などを楽しんでいる人なら、薬剤散布に使う蓄圧式ハンディポンプは、すっかりおなじみだろう。

LIFELEX 蓄圧式洗車クリーナー」は、これと全く同じ仕様になっている。ピストンを数回押し込むことで、容器内部に空気を高圧充填、噴射レバーを押し下げると一気に内容物が噴射されるという仕組みだ。

圧を高めすぎて破裂しないように、安全弁も装備されている。破裂恐怖症の人でも安心して使えるよ。

水をかけた後、泡を吹付ける

lifelex5-1

Photo:田中宏和

今回、「LIFELEX 蓄圧式洗車クリーナー」をレビューするにあたり、バイクを洗車してみた。

各種パーツがむき出しでゴチャゴチャしているバイクは、スポンジだけではパーツの隙間などをしっかり洗うのが難しいため、車より洗車が難しいもの。

勢いよく泡を飛ばせる「LIFELEX 蓄圧式洗車クリーナー」なら、手が届かないパーツまでバッチリ泡を行き渡らせてくれるからね

lifelex6

Photo:田中宏和

まずは、車体全体を水でジャンジャン濡らしてから、「LIFELEX 蓄圧式洗車クリーナー」で泡を吹き付けていく。

ちなみに、洗車用シャンプーの種類によって泡立ちに差があるので、モコモコの泡を作りたいからと、シャンプーメーカーが推奨している希釈率以上に濃くしないように気をつけよう。

濃くし過ぎると、洗剤が車体下部などに残ってしまって、サビの原因になりかねない。

lifelex7

Photo:田中宏和

パーツが入り組んでいるところにも、念入りに泡を吹き付けていく。

車の場合なら、ホイールハウスの内部、フロントグリルのすき間などに、同じように吹き付けるといいだろう。

塗装面は、軽く撫でる程度でピカピカに

lifelex8

Photo:田中宏和

水アカがこびりつくレベルまで放置していた場合は論外だが、定期的に洗車して、ワックスやガラスコーティングなどをきちんと施工していれば、泡洗車だけでもご覧の状態に。

気になる汚れがある場合は、塗装面にやさしいムートンなどを使って、キズが付かないように洗い上げよう。

lifelex9

Photo:田中宏和

ゴムパーツを傷めてしまう恐れがある高圧洗浄機より安心して使えるし、使い勝手の良さはかなりのレベルだ。

定期的な洗車を心がけていれば、毎回の洗車が楽になる。

LIFELEX 蓄圧式洗車クリーナー」で、愛車を手軽に美しくキープしちゃ王。

LIFELEX 蓄圧式洗車クリーナー」おすすめポイント

・塗装面にやさしい泡洗車ができる

・手が届きにくい部分にも泡を噴射できる

・手軽に洗車できる

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

注:この記事のリンクを経由して製品を購入すると、アフィリエイト契約により編集部が一定割合の利益を得ます。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み