無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ストレッチと下腹のシェイプアップに。 日常の中で場所も取らずに使える「エクササイズグッズ」

ゆらこ1

こちらの記事は、ライフハッカー[日本語版]より一部編集の上、転載しています。

運動量が減り、腰痛がひどくなった筆者。手を当てて腰反らせても、なかなかスッキリしない。凝り固まっているような気もするし、前屈みだから下腹部にもお肉がつきやすくなっている……。

そこで、ショップジャパンで人気の「ゆらこ」の力を借りることに。これひとつで骨盤運動とストレッチが可能なスグレモノだ。

寝転がってユラユラして筋肉をゆるめる

ゆらこ2

Photo:中川真知子

寝転がって、お尻を「ゆらこ」に乗せて左右にユラユラすることで、骨盤周りの筋肉を緩める効果が期待できる。

寝転がる+ゆらゆら時間約1分という気軽さで、長続きしそうだ。

全身をストレッチできる

ゆらこ3

Photo:中川真知子

ゆらこ」は弧を描いた形状。縦向きにしてその上に仰向けになると全身をグイーンと伸ばしてくれる。

手を置いて腰を伸ばすのとは大違い。この気持ち良さ、きっと癖になるはず!

お腹にもアプローチ

ゆらこ4

Photo:中川真知子

今度は横向きにして座り、両膝を曲げたり伸ばしたり。

1セット15〜20回、2〜3セットお腹の引き締めに効果があるようだ。

筆者はまだ効果を感じられていないが、いつかポッコリお腹がひっこむと信じて頑張っている。

仕事中は姿勢をサポート

ゆらこ5

Photo:中川真知子

ゆらこ」を椅子の背もたれに置くと、姿勢をサポートしてくれる。

いい姿勢をキープすることで、エクササイズの効果を保ってくれるのだとか。

ちなみに、椅子の背もたれに置く時は、縦と横、表と裏で気持ちいいポイントを探したりしている。

ゆらこ6

Photo:中川真知子

筆者は、写真のように“椅子に置く”のが大のお気に入り。

エクササイズグッズは、どうしても用途が限定的になりがち。でも、「ゆらこ」は目に入るところに置いておけるのがいい。

椅子に置けば部屋もスッキリする。すぐ使えるので三日坊主にもなりにくい。

休憩中にも

ゆらこ7

Photo:中川真知子

床に寝転んで本を読むとき、「ゆらこ」を胸の下に置くと上半身を支えてくれて、とても楽に感じた。

枕として

ゆらこ8

Photo:中川真知子

高さがちょうどいいので、筆者は枕としても。適度な硬さが快適すぎず、20分ほどの昼寝に最適だ。カバーが洗濯できるので、よだれを垂らしても大丈夫(笑)。

この他にも、腕や太もも、お腹で押し込むようにエクササイズすることも可能。仕事をしたり、スマホをいじりながらでもできるので、1日を通して活用している。

ちなみに、「ゆらこ」が来てから、昼寝と寝転び読書用につかっていた座椅子と内ももエクササイズ専用の器具を手放した。部屋もスッキリして大満足。あとはお腹が引っ込めば…。まぁ、これだけは時間がかかりそうだが。

※以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

(文、写真・ 中川 真知子/Image: Amazon.co.jp

注:この記事のリンクを経由して製品を購入すると、アフィリエイト契約により編集部が一定割合の利益を得ます。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み